アメリカ最大級のクラブに乗り込んだ時の話 in ラスベガス〜動かない体2〜

夜中のこの街はホテル群が一気に輝き出す。

中には特徴的なホテルがあり、ピラミッドのような形のホテルもあり、その頂点からはそこに設置されたライトが天空に向かって伸びており、雲に突き刺さっている。その先は雲のおかげでよく見えない。

ふと歩いているとこの街で一番有名なホテルの前にある大きな池の前で噴水ショーが始まった。と、同時に美しい音楽が鳴り響き周りにいた観光客は大喜びだ。

もちろんぼくもその場を楽しんでいた。

噴水ショーを楽しんでいると道端を乳首と局部だけギリギリ見えるかみえないかのラインの下着で隠した白人美女が通り、観光客が彼女と写真をとっている。もちろん"有料"でだ。こんな光景は日本では見れないだろう。

 

「アメリカって自由な国だな!」

 

などとその時は考えていた

 

あれは今からちょうど1年前、、

 

 

僕はラスベガスに立っていた。

 

 

留学のカリキュラムは全て終了し、あとはアメリカ滞在できる残りの数週間をどう過ごすべきか考えるだけだった。

そこで思いついたのがラスベガスのクラブに行くこと。どうやらアメリカで最大級のクラブがそこに集まっているらしい。そんなすごいとこならとびっきりの美女がいるだろうと考えたぼくは迷わずラスベガス行きを決めた。

 

「ここか」

 

ぼくはあるホテルの前に立っていた。

そのホテルの名前はシーザーズパレス。内装がめちゃくちゃゴージャス。でも意外とそこまで宿泊代は高くない。ラスベガスの最大のホテルでも一泊6000円ほどで泊まれるのでこのホテルもそのくらいで泊まれるのだ。

この中には最近できた人気のクラブがあるらしい。

 

「まだ時間があるな」

 

時間は20時ほど。クラブオープンまで2時間ほどある。

 

ぼくはラスべガスならどこにでもあるカジノで遊んでから行くことにしていた。もちろんこのクラブにもある。

ただ賭け事が好きではないぼくは普通に楽しめればいいやと思っていたので、賭け事というよりゲームにちかいルーレットでずっと遊んでいた。

店員がお酒を持ってきてくれた。ラスベガスのホテルにあるカジノで遊ぶ客には基本定期的に店員が無料でお酒を持ってきてくれる。ルーレットでは負け続けていたがお酒は無料ならまわ割には合ってるなと思っていた。

 

 

ルーレットで遊んでいたら2時間はあっという間に過ぎていた。

 

「よし!いくか!」

 

ほろ酔い状態でクラブに向かった。

 

クラブに到着。時間は22時ぐらいだった。

名前はOMNIA。威厳がありそうな名前だ。

ネットで拾ってきた写真を拝借。

f:id:GoodJobman:20170219181809j:plain

人はこのぐらい並んでいた。

見渡してみると、上品な人たちばかりだ。

 

「さすがラスベガス」

 

と感嘆していた。

列に並んで待つこと15分くらい、やっと中に入れた。

薄暗い廊下を進む、目の前の観光客っぽい集団の後ろを進む。

 

着いた先は、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:GoodJobman:20170219182758j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エイリアンの宇宙船の中だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのは冗談。笑

この写真は実際のOMNIAの内部の写真だ。

まあすごいゴージャスというかなんというか。

 

とにもかくにもこの下でワイワイしてる中に入ってみることにした。

すでに"前座"のDJが音楽を流していて、人もその周りに集まっている。

でまあカップルかその場でであった男女なのかは知らないが、ものすごいイチャイチャしている。

激しくディープキスしながら抱き合い、笑顔で音楽に合わせてダンスしている。

でまあそんなカップルっぽいのが10組ぐらいいた。

 

「これがラスベガスのクラブか、、すごいな」

 

ひたすら感嘆しかでなかった。

アメリカ人は公衆の面前でもなんの恥じらいもなくスキンシップをとる。恥ずかしいなんて誰も思っちゃいない。

 

で、そんな光景をみながら、ナンパしようかなんて思っていた。

 

がしかし

 

 

またしても体が動かない。

 

 

 

「どうした!俺!ストではあんな簡単に声かけできたじゃないか!」

 

 

 

どうやらまたしてもクラブの雰囲気に飲まれてしまったようだ。

なんてたっていきなりこんな宇宙船みたいなクラブの中に飛び込んでみたらどこもかしこもイチャイチャモードなんて思ってもみなかったからだ。

ぼくはまたしても完全に"地蔵"モードに入った。

 

地蔵とかしたぼくはしばらくは音楽に身をまかせるしかなかった。

1時間ぐらいしたら今夜一番の目玉DJが登場してきた。

このブログを読んでくれている読者には彼をご存知の方もいるだろう。

f:id:GoodJobman:20170219185341p:plain

"Calvin Harris"だ。

ぼくはそこまでファンじゃないが、ちょうど都合のいい日に彼がDJをするというのでこのクラブを選んだ。

彼の曲はYoutubeで1曲7億とか8億とか再生されている。EDM界の大御所中の大御所だ。ちなみに元カノはテイラースウィフトというS級金髪美女をも魅了するスーパーイケメンだ。

 

Calvin「Evebody how's going!? MAKE SOME NOISE!」

Calvin「調子はどうだお前ら!めいいっぱい騒いでけよ!」

 

会場の雰囲気がガラッと変わった。イチャイチャしていたカップルたちも全員彼に顔を向け、盛大に奇声をあげていた。

彼が曲を始めるとクラブはどちらかというとダンスして楽しむ雰囲気というより、ロックバンドのライブ会場みたいなノリに変化した。

なんという影響力。前座のDJの時は皆DJには顔を向けずにいたのに、彼がでてきてからはクラブの全員が彼に注目していた。さすが超一流EDMアーティストだ。

 

ぼくもそのながれにノッた。。もはやナンパにきたのかライブみに来たのかわからなかったが、そのときはまあいいか!楽しそうだし!という感じであった。

途中でとなりにいたイケメン白人兄さんが一緒に写真撮ろうぜ!とか言ってきたので、一緒に写真撮ったり、けっこう楽んだ。

 

 

 

 

で彼のDJが1時間ほどで終わった。楽しかった。

 

 

 

 

ナンパの面についてだが、僕はクラナンは苦手なのかもしれないと、このときは思った。

もしかしたらただ雰囲気に慣れてないのかもしれないのかもしれない。

とにかくクラブに行くと地蔵とかしてしまう。

でもぼくにはストリートがある。

まずはこちらを攻略すべきだろう。クラブはあとでもいい。

 

留学は終わり、そろそろ帰国だ。

 

アメリカではゴールはできなかった。しかしこのときぼくはとても自信に満ち溢れていた。おそらく一人でもストナンができたり、クラブに行けたというのはそのときのぼくに大きな自信を与えていたのだ。

 

恋愛工学を駆使しての、初ゴールの日は近い。

 

そんな気がしながら帰国が待ち遠しくてしかたがなかった。

初めてソロでアメリカのクラブに行った時の話〜動かない体〜

時は2015年の12月某日の午後9時。

僕は以前初めてソロストしたときと同じアメリカのある都市を歩いていた。

道に横たわって眠るホームレスの横を通り、ある場所に向かう。

 

向かう先は" クラブ"だ。

 

目的はもちろんナンパのためだ。

"今回"は一人での出撃だ。

 

 今回というところを強調したのは実はこれはアメリカでは2回目の出撃だからだ。

1回目の出撃は一緒のホストファミリーの家で暮らしていた、サウジアラビア人との出撃であった。彼がクラブに行きたいと言ったので、彼に便乗して出撃。クラブは"お洒落で中流階級以上の市民"が通うようなところだった。

 

で結果は最初から最後まで地蔵。

 

クラブの雰囲気にのまれ、ソロストでできたような声かけがまったくできなかった。ウィングのサウジアラビア人は初クラブなのに、じゃんじゃんアメリカ人女子に話しかけていた。隣で見ていてすごいな、と思っていた。残念ながらほぼガンシカされていたが。

 

そこでアメリカのクラブの雰囲気が大体分かったところで今回ソロで出撃することにしたのだ。初めてのクラブとは全く雰囲気にの異なるクラブだとは知らずに、、、

 

「着いたな」

 

このクラブは都市の中心部からは少し離れたところにある。

若干怪しい雰囲気が漂っている。

しかしこの都市はアメリカの中ではトップレベルで治安がいい。

たまに黒人のホームレスが話しかけてくるが、特に危害は加えてこない。

 

「まあ大丈夫だろう」

 

と思ってクラブに近づいていった。

クラブはまだオープン前で、およそ30人ほどのアメリカ人がそこに並んでいた。

白人が多い。アジア人も少しはいるようだ。

 

しかし、、

 

前回入ったクラブにいるような"お洒落で中流階級以上の市民"がそこにはいなかった。

いわゆる"ストリート系"やら"バンド系"のヤンキーみたいな容貌の人たちがそこに並んでいた。鼻にはピアス、髪型は金髪トサカヘアーみたいのもいた。もちろん感想は

 

「思っていたクラブと全然違うじゃないか笑」

 

である。

そして、そんな中、クラブの目の前にリムジンカーを発見。

またなんでこの集団に似つかわしくないものがここにあるんだと疑問ばかりであった。

 

そんなことを考えているうちにクラブがオープン。

もうわけわからんな、て感じだったがとりあえずはいることに。

受付でボディチェックする白人の男の容貌もまた面白い。

 

受付を済ませクラブにはいる。

広さは大体小学校や中学校の教室4こ分ぐらいの広さだ。まあ結構広い。

入り口近くにドリンクをオーダーするためのバーみたいなのが付いている。

すでにEDM系のクラブの音楽がクラブ全体に鳴り響いている。

人は30人ぐらいいるだろうか。

とりあえずドリンクを頼みに行く。

 

適当にドリンクをオーダーした僕はひとまずはじっこに移動。

クラブ全体を見渡してみる。

 

「なんかリアル髭男爵みたいなのがいるな、、」

 

VIP席だろうか。おそらくさっきのクラブの前に停まっていたリムジンカーの中にいたひとだろう。

上品なスーツにハット、ぽっこりでたお腹。耳から顎にかけてふさふさしたヒゲをはやしている男が複数のアメリカ人女子に囲まれていた。

こんなヨーロッパ中世の貴族みたいなひとがいるんだなあと感心していた。

 

「よし、ナンパするか」

 

と誰に声かけようかなと見渡してみた。

 

かわいい金髪女子もいる。

声をかけてみたいと思う。

しかし、、

 

 

 

 

 

体が動かない

 

 

 

 

 

前回のソロストで発揮したような、かわいい金髪白人女子をみかけてすぐ声かけをしたような動きができない。

なんというか、このクラブにいる女子はあの時声をかけた5人とは毛色がまったく違うのだ。ソロストで声をかけた女子はみな擦れてなさそうな女子たちだった。しかし今回のクラブにいる女子、日本でいったらいわゆるヤンキーみたいなもんだ。眼光が強い。眉毛もキッと釣りあがっている。

画像だとこんな感じなのばっかだった。

 

f:id:GoodJobman:20170219120416j:plain

 

僕はアブリルは好きだ。ただこれに声をかけるのには前回持ってた"勇気"より、もう一段階上の勇気が必要であった。

 

ちなみにストで声をかけた金髪白人女子達の雰囲気はこんな感じ。

f:id:GoodJobman:20170219121739j:plain

ひとえに金髪白人女子といっても、タイプによって全然見た目がことなるということがわかってもらえるだろう。

 

でまあ、1時間ほどクラブにいたが、結果一声もかけれずに終了。

恋愛工学の要素を一つも使うこともできず、地蔵というものをこれでもかというほど味わった。

 

「俺クラブ苦手かもな、、」

 

と思った1日であった。

これならストリートで声をかけたほうがましかもしれないとも思った。

しかし

 

「今回のクラブがたまたまこういうクラブだったのかもな。もうちょっとトライしてみよう」

 

地蔵は嫌だ。しかしこの動かぬ体をどうにかしなければもう一段階上の"勇気"を手に入れることは不可能だろう。その勇気を手に入れるためにまたクラブに行くのだ。

 

 

 

そして、次なるラスベガスのクラブにソロで突っ込むというストーリーにつながっていくのであった、、

 

初ナンパでソロストナンしたときの話 in アメリカ 〜金髪白人女子のみ声かけOKという縛り〜

現在昼の12時。

 

大学での授業が終わり、冬休みに入り、ぼくはある日アメリカのある州の一番の都市に来ていた。

この都市はビジネスビルが立ち並び、みんなが知るような有名米企業の本社がいくつもあるようなビジネス都市だ。しかし娯楽施設もそれなりにあるので、ビジネスマンから遊び人のアメリカ人まで幅広く街を闊歩している。

 

まどかとのアポから一週間ほどの立った後の日だった。ぼくはまどかとのアポを終えて、初めての恋愛工学実践にしてはうまくいったなと思っていて、テンションが上がっていた。それでそのテンションを利用して、

 

「よし!アメリカでストナンしてみよう!」

 

ということになった。

 

そこでこの都市に足を運んだのだ。こちらでコンビを組める奴は今のとこいない。すぐ始めるならソロという選択肢しかなかった。

 

そして、

 

「アメリカに来たんだから、日本じゃ会いにくい金髪白人女子のみに声をかけよう」

 

ということで金髪白人女子のみ声かけOKという縛りを自分に課した。目標は連れ出しまでにすることにした。ゴールまではしないことにした。この都市のホテル代は高すぎるのだ。そもそも異国の地で、しかも初ナンパで連れ出して、ゴールまでいくのはハードル高すぎだ。このぐらいでちょうどいいだろう。

 

 

 

 

 

「さて、誰に声をかけようか」

 

 

ぼくは街の中心街を歩いていた。

ちなみに今回のストナンではオープナーを決めていた。ぼく愛でいうところの"道聞きルーティン"だ。

 

 

「お、可愛い金髪女子がいるな!」

目の前の信号を渡った先に、A級の金髪白人女子がいた。しかも動かない。これは話しかけるチャンスじゃないか!

ぼくは信号が変わると同時にその女子に近づいていった。近くてみるとさらに可愛い、というよりめちゃくちゃ美人だ。青い目、肩ぐらいまで伸びた美しい金髪、透き通るような白い肌、雪国ファッション。これぞ白人美女!という風貌だった。

 

以下日本語と英語の会話を両方とも載っける。

 

G「こんにちは!君この街で一番有名なあのスタバ知らない?」

G「Hey, Do you know where the most famous starbucks is?」

 

実はスタバの場所などグーグルマップで知っていたが、ほかにオープナーも思いつかなかったのでこの声かけにした。

 

金「知ってるわよ!なんで?」

金「Yes! Why?」

 

よかった。とりあえずはオープンした。ガンシカされなくてよかった。

 

G「そこに行きたいんだ。君場所知ってる?」

G「I wanna go there. Do you know the place?」

 

金「実は私もそこにいくとこだから一緒に連れてくよ!」

金「I'm gonna go there to meet my bro actually so I'll take you there!」

 

G「まじか!助かるよ!」

G「Really? Thanks!」

 

おお!なんと初ナンパの初声かけでオープンし、一緒にスタバまで行くことに。これはラッキーだ。

ちなみにここまでナンパを始めてから30分ほどだ。ほとんど地蔵はしなかった。おそらく前回のアポでとったリピュテーション低下リスクに比べれば、ストナンにおけるリスクなど大したものはないなと頭でわかっていたのだろう。

 

数分並行して歩いていた。年齢は19歳。見た目の大人びた感じからしてとても19には見えない。白人は成長がはやいのだな、と思って歩いていた。どうやらノースカロライナ州から来ていて、この都市で働いている兄にスタバ会うらしい。

 

なるほど。兄が来るのか。一緒にお茶するのはきついかもな、と思っていた。

 

そんなこんなですぐに目的地のスタバについた。着くと同時に金髪女子が兄を発見したらしく、

 

金「Hey!」

 

とその兄に一目散でかけていった。ぼくは兄を見た。身長180は超えている。美しい短い金髪ヘアー。かっこいいヒゲ。ジムで鍛えたであろう大きい体。極め付けはビシッと決めたスーツ。

めちゃくちゃかっこいいビジネスマンっぽい男がそこにいた。

 

金「こっちの人は今このスタバに行きたいって言ってたから、私が連れてきたのよ!」

金「I took him here cuz he wanted to come to this starbucks!」

 

兄「そうなのか!」

兄「I got it!」

 

僕はこの兄がそう言い終わると同時に

 

G「OO(金髪女子の名前)!連れてきてありがとう!兄さんと楽しんで!」

G「Thank you OO! Have a fun with your brother!」

 

と言っていた。正直圧倒されて、一緒にお茶でもどう?なんていう提案は思い浮かびもしなかった。おそるべし金髪イケメンマッチョビジネスマン。この時まだ筋トレもしておらず細身だった僕は雰囲気だけで本能的に"こいつには勝てない"と判断してしまったのだと思う。

 

僕はそそくさとその場を退散した。

それで、まあいいか次行こうということにした。

 

この後およそ4人の金髪白人女子に声をかけた。

しかしどれもオープンはするがその後が続かず最初の声かけ以上の展開はなかった。

気づけばナンパを始めて3時間、ほど立っていた。

今日はホストファミリーとの関係で家にもどらなければいけなかったのでその日はここでナンパを打ち切ることにした。

 

今回初ナンパ。オープンまではうまくいった。しかしその後の会話を工夫しなきゃバンゲも連れ出しも難しいことに気づいた。最初のは運が良かっただけなのだ。

次はもっとうまくやらなければならないだろう。

そして筋トレを始めよう!と決意した1日だった。

初めて恋愛工学を実践したときの話〜まどかとの3時間に渡る攻防〜

こんにちはGJです。3日連続の更新は初です。

今回はアメリカで初めて恋愛工学を実践したときの話です。

では、いきます。

 

続きを読む

韓国人女子にフレンドシップ戦略を使った時の話〜告白爆弾投下の果てに〜

こんにちはGJです。昨日に引き続き更新です。 今回はアメリカ留学中に同じコミュニティに属する韓国人女子にフレンドシップ戦略を使った時の話です。今回は特に恋愛工学のテクニックなどを駆使した話ではないのでご注意を。

続きを読む

僕が恋愛工学に出会い、怒りのスーパーサイヤ人になった日

こんにちはGJです。再びジャカルタから更新です。

これから帰国します。今回のジャカルタの話は機械があるときにでも書きます。

今回は僕が恋愛工学に出会った日のことを書こうと思います。というのも僕が恋愛工学に出会ったのはアメリカなのですが、久々にリアルでアメリカにいたときの話をし、その時の記憶がまざまざと蘇ってきてその時のことを書きたくなりました。

それではその時の心情に近い形で書いていきます。

続きを読む

レディーボーイと本物のタイ人女性を見極めろ at タイ、バンコク

こんにちはGJです。今諸事情ありインドネシアジャカルタにいます。ジャカルタ、前回訪れた時より色んな発見があって面白いです。ただまあ住みたくはないです。理由は交通渋滞がひどすぎるからです。こんなのに毎日巻き込まれてたら気力も体力も浪費してしまいますねここは。

と、ジャカルタの話は置いといて今回はバンコクに4日間滞在した時の話です。マレーシア、シンガポールについても書こうと思ったのですが対して面白いこと書けそうにないなと思い辞めました。ただ女性について言うと、ルックスは普通かなと。日本人女性の方が綺麗な人多いなという印象でした。

で、バンコクの話に戻りますが、タイの首都のこの都市は非常に面白いです。

で何が面白いかと言うと以下に項目に分けて話します。

  1. Tinderがレディーボーイだらけ
  2. バンコクのゴーゴーバーはカオス
続きを読む