読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシア旅行記

インドネシア旅行記

あけましておめでとうございます。GJ です。みなさん年末は楽しかったでしょうか?僕は毎年年末は家でガキ使でもみてゆっくり過ごすのですが、今年の年越しはシンガポールで年明けの花火を見ていました。花火はめちゃくちゃ楽しかったです。でも、年末はやっぱり日本に限るなと思いました。こっちだとあの日本特有の年が終わる感がない。笑 子供の頃は年越しは両親に連れられ、長野のコテージに泊まり暖かいヒーターに当たりながらガキ使や紅白をみてウトウトしながらも、年が終わっていく感じが良かったんですが、それがないのはなんとも寂しいものだなと、シンガポールで思っていました。ちなみに去年はアメリカで年越ししたので2年連続海外で年越しはしました。次もまた海外で年越しな気がしてならないのですが、次日本で年越しするのはいつになるでしょうね。笑

話は変わりますが、インドネシアに行って参りました。
感想から最初に行ってしまうと、スリにあったり、体調崩したりであまり楽しめませんでした。海外は日本では考えられないようなリスクが多いのでしっかり対策していかないとダメですね。トピックは以下です。


トピック
ジャカルタでは普通にスリに遭う
・氷は口に入れてはいけない
インドネシア人はどんな人たちか?
インドネシアは美人が多い!


・スリが日常的に行われている首都ジャカルタ
これ本当です。僕の実体験から話します。空港からバスを使い、ガンビル駅といジャカルタの中心に位置する駅で僕は降りました。僕はなるべく安く抑えたかったのでタクシーなどは使わず、大通りを通ってジャカルタの南部にある大きなショッピニングモールに歩いて向かうことにしました。大体見積もりで30分くらい歩けば着く距離です。ちなみにこの時点でで午前11時の真昼間でした。

それで人通りもまばらにあり、普通に大通りを車やバイクがぶんぶん走っているバス停の横を歩いていた時です。前方2mほど前を歩いていた男がこちらを向いて、インドネシア語で何か言ってきたんですね。多分それはスリ仲間に対する合図だったのでしょう。その合図と同時に僕の右と左を歩いていた一般人ぽいインドネシア人がいきなり僕のポケットを触りだしたんです。突然すぎて何が何だか分からなかったです。とりあえずこれはやばいと思い、3秒ほどで振りほどき、2mほど後ずさりました。その後次は何をしてくるのか、と構えていたのですが、相手の方は特になにもせず落ち着いた様子でこっちをずっと見ていました。この時はまだサブの財布を盗られたことに気づいていませんでした。それでリーダーっぽいやつの顔を見たのですが、もうこれは完全に悪人の笑顔とった感じでニヤニヤと笑っておりとても気持ちが悪かったです。相手がなにもしてこないのを確認した後は、とりあえず落ち着いてる感じを出して隙がないように振る舞い、普通に歩いて相手方の横をすり抜けその場を後にしました。笑

その時は何も盗られた感覚すらなかったので、安心していたのですが、10分ほど歩いたところでポケットに7000円だけ入れていたサブ財布がないことに気づき、やられた、と思いました。彼らプロです。相手に気づかれず囲い込み、相手に気づかれずものを奪い取る。もちろん僕が無防備だったのも反省すべき点ですが、実際調べてみたらスリってほとんどものが盗られた感覚がないらしいです。それでその後は恐くなったので、速攻でホステルに向かおうとしたのですが、一応調べたらそのホステルのある通りがなんとスリ集団がよく出没する場所らしくて、もうスリはごめんと思ったのでホテルを変えました。速攻でホテルに着くとかなり気疲れしていのか真昼間にもかかわらず爆睡してしまいました。実際考えてみると、複数の真っ黒な顔の大の男に囲まれるってかなり怖いです。おそらくそれでかなりショックを受けたのではないかと思っています。今回の経験ではモテ以外で初めて筋肉の必要性を感じました。笑 マッチョならそもそも襲おうと思わないかもしれませんしね。みなさんもジャカルタ渡航の際はお気をつけください。僕がスリに遭ったのは下の写真の様な通りです。こんな真昼間にこんな場所でスリに遭うんじゃ、どこでも日中は安心して歩けませんよね。

f:id:GoodJobman:20170121183526j:image

 

・氷は口に入れてはいけない

 そのまんまです。ジャカルタでは氷を食べるとお腹を壊します。僕はマックの氷だからだいじょうぶだろうと思って油断していたらお腹を壊し、熱や頭痛を発症して大変でした。このおかげとスリのショックで僕は2白3日の半分の時間をホテルにひきこもっていました。ジャカルタではだいじょうぶだろうと思ってもちゃんとペットボトルに入った水を飲むことをお勧めします。

 

インドネシア人はどんな人たちか?

2白3日なのでそんな多くの人にあったわけではありませんが、感想としては適当だなあと感じました。

僕はスリでサブ財布に入れていた7000円を失ったため一度換金所に行きました。その際僕はスリにあった旨をその換金所にいるおじさんに英語で話したのですが、このおじさん英語がわからないのか、一応わかったようなふりして、(多分インドネシア語)をしゃべりながら頷いていて、適当だな、わからないなら手振りでもなんでもわからないと主張すればいいのにと思いました。換金所というお金に関するシビアな取引をする場所にいるのにこんな適当なら、けっこう多くの人が適当なのかなと勘ぐってしまいました。まあ今回のジャカルタ旅行では、上記に書いた通りホテルにこもっていたためほとんどインドネシアの人とは交流しなかったので、たまたま適当な人に当たったのかもしれませんが。

 

インドネシアは美人が多い!

2白3日滞在しただけでもけっこう美人を見かけました。同じ東南アジアでもフィリピンとはだいぶ違うなといった感じです。もっと顔の堀が深くて、肌もフィリピン人より茶色いです。顔の堀が深いぶん目鼻立ちがしっかりしていて、それが美人度を上げているのではないかと思いました。

ナンパは街頭でするのは慣れてからの方がいいでしょう。やはりスリにあったということもあり、日本ほど街に歩いている人が害のない人ばかりというのはこちらではありえないと思いました。男女が出会うのもなかなか大変ですね。

日本はナンパインフラが完全に確保されているので、本当に素晴らしい国だなと思いました。

写真はJKT48ですがこんな肌が白い人はほとんど見なかったです。

f:id:GoodJobman:20170121184128j:image

 

2白3日ということ、ホテルにひきこもっていたということであまり厚みのある記事は書けませんでしたが今回はこんなところです。

 

それでは次回もお楽しみに!

 

フィリピン旅行記

こんにちはGJです。クリスマスも終わりいよいよ年末ですね。クリスマスはみなさんどうでしたか?きっとたくさんの方が熱い夜を過ごしたでしょう。僕はというとクリスマスは、フィリピンマニラのホステルのクーラーの効いた部屋で涼しい夜を過ごしていました笑

僕は12月24日から27日までフィリピンのマニラに3日間滞在していました。僕はフィリピンに来る前は、フィリピンといえば路上でバナナ売ってる国ぐらいにしか思ってませんでしたが、思った以上に発展していて驚きました。(バナナは基本コンビニで売られていました笑)以下にフィリピンマニラに来て思ったことをまとめようと思います。

トピック
⚪︎フィリピン随一の発展都市マカティ地区
⚪︎マカティから1km離れたパサイ地区はもはや別世界
⚪︎フィリピン人はどんな人達か
⚪︎フィリピン人がよく乗るジプニーは安くて便利
⚪︎フィリピン人女性の美人度
⚪︎ゴーゴーバー体験談


⚪︎フィリピン随一の発展都市マカティ地区
マカティ地区はマニラ中心部から南に6-7kmほど下ったところにあります。

f:id:GoodJobman:20161230085450j:image
マニラ随一の発展都市とだけあって、生活に必要なものはなんでも揃う超巨大ショッピングモール、高級ホテル街、高層ビルなどが立ち並んでいて、東京都心にも似たような雰囲気があり一瞬ここは本当にフィリピンなのかと錯覚するほど発展していました。道も綺麗です。

ショッピングモールに入るには警備員の荷物チェックが入ります。やはりこれだけ発展していても治安はあまりよくないようで、基本レストランやコンビニなど入ると1人は警備員が立っています。ただショッピングモールの警備員の荷物チェックの時に手に30cmくらいの棒を持っていてそれできたお客のバッグのなかをチェックするのですが、もうほとんどチェックしてないんじゃないかと思うくらい適当です笑

実際に中に入ってるお店は飲食店はスタバ、マックなど、服はユニクロ、forever21など、あとは家具やらプロテインショップやらなんでもありました。

生活するにはまったく問題なさそう、むしろ西東京住みの僕からしたら地元よりはるかに便利な都市だと思いました。

このマカティ地区は治安もよく、ナンパしようかなと思っていましたが3日間の滞在ではまだフィリピン人を信用しきれなかったのでやめました笑

f:id:GoodJobman:20161230085521j:image

 

 

⚪︎マカティから1km離れたパサイ地区周辺はもはや別世界
パサイ地区はマカティ地区から西に1kmほど進めば入れます。

f:id:GoodJobman:20161230085558j:image

マカティとは一変してスラム街というかとても不穏な雰囲気が漂うエリアです。道端には大量のゴミが捨てられ異臭を放ち、ストリートチルドレンやその家族が路上で生活しています。ここは危険な香りがしました。物乞いが激しく子供たちが旅行者のお金を求めて群がってきます。ここ周辺はなるべく近づかないことをお勧めします。マカティエリアはフィリピンの中のほんの一部の幻想にすぎずこっちのほうがよりフィリピンの現実に近いなと思いました。

 

⚪︎フィリピン人はどんな人たちか
基本陽気で明るい人たちです。だけど日本人に比べると色々雑なところがあります。バスの運転荒いし、レストランでスプーン欲しいて言ったのにストローを出してきたりとかなり雑です。

あと自分の都合第一主義です。走ってる車をみるとわかるのですが、とにかく俺が先だ俺が先だです。相手を優先する日本のような文化は欠片もないです。

あと商魂がすごいです。道端歩いてると何回もタクシーに乗せようとしてきます。ゴーゴーバー通りのマッサージ嬢とか手を掴んできてなかなか離さないです笑

あとは英語に関して。これは確実に通じます。たまに単語しか話せないおじさんとかいますが、単語で十分意思疎通ができます。逆に英語ができないと意思疎通がジェスチャーだけになってしまうので厳しいと思います。フィリピン人は日本人と比較するとぶっちゃけあんまり信用できないので、例えば一度マックでコーラを頼んだときなんか、「サイズはラージ?」とわざわざ値段が高い方を言ってきたことがあったのですが、こういう場面で英語がわからずうんうんと頷いいていたらどんどんお金を吸い取られるわけです。最低限の英語は必要でしょう。


⚪︎フィリピン人がよく乗るジプニーは安くて便利
これです。

基本どこでも手で合図したら乗せてくれます。車体の前とか横に目的地が書かれているのでそれを確認してから止めます。難しいと思うかもしれませんが、同じ場所で待っていれば何台も同じ目的地に向かうジプニーが通るので、慣れれば余裕です。日本円で15円〜30円ぐらいで乗れるので超お得です。現地に旅行する方はぜひ乗ってみてください。

f:id:GoodJobman:20161230085620j:image


⚪︎フィリピン人女性の美人度
やっと主題に入ったというところでしょうか笑。ぶっちゃけるとフィリピン人女性の平均的なルックスはそこまで高くなかったです。スト低ばかりで衝撃でした。下の下〜中の下がボリュームゾーンだと思います。東京の日本人女性の方がルックス平均値ははるかに高いです。ただゴーゴーバーにはとんでもないスト高がいました。このあとに記述します。


⚪︎ゴーゴーバー体験談
ゴーゴーバーとは日本のキャバクラにお持ち帰りシステムがついたようなものです。店内で踊るゴーゴーガールを指名し、席で一緒にお酒を飲みその後、持ち帰れるかを決めます。

以下体験談です。

***

滞在3日目の午後8時僕はマカティ地区の北部に位置するブルゴス通りというゴーゴーバーの店が密集する通りの近くのマックにいた。実はこのブルゴス通りに3日間滞在していたのでどんな雰囲気は、着いてから2日間の間で分かっていた。この通りを2日間の観察していたところ白人男性とゴーゴーガールのペアが夜のブルゴス通りに多く歩いていた。大体10人に9人くらいは白人男性であったと思う。

3日目にして自分の見たかった地区は回りきりこの日の夜は特に何もすることがなくこの時間滞はマックでティンダーを起動しスワイプに励んでいた。マッチ数は50弱ほどと日本にいたらありえないマッチ数に驚きながらスワイプしていた。スワイプしていたら時間は8時半になった。この時間になるとこのブルゴス通りのゴーゴーバーが開店しだす。僕は事前にゴーゴーバーについてネットで調べ行く店を絞っていた。店名はコジャックス、プランB、ボトムス、ホットスポットだ。この4つの店は日本人好みのゴーゴーガールがいるとのことらしい。

僕はブルゴス通りに向かった。そんな通りをを歩いているとマッサージ嬢に声をかけられた。マッサージ嬢とは、「マッサージしませんか?」と路上で声をかけてくる嬢であるが、マッサージをすることが目的ではなく実態はセックスを売っている嬢のことだ。道端で何人も話しかけてくる嬢たちを華麗にスルーし、1軒目のコジャックスに入った。

 

店内は真ん中に嬢10人ぐらいは乗れるステージがありその周りをテーブル席が囲むという作りであった。嬢は10人ぐらいぐらいステージで踊っていた。店内には白人男性1人とアジア系男性3人組がすでにf:id:GoodJobman:20161230085702j:imageいた。みな40代ぐらいに見えた。そんな風に店内を見渡していると、この店のママに席に座るよう促された。見たところ嬢はけっこう可愛かったので、店を出る必要はないと思い素直に席に着席した。

早速ドリンクのオーダーをするよう言われ僕は、一番安いライムショットを選んだ。その後2分ほど嬢を見ていただろうか。突然音楽が鳴り出し嬢が踊り始めた。僕は「おお!こんな演出があるのか!」と心の中で感激していた。笑 しばらく見ているとママが嬢が達に何か合図を送った。なんだと思っているのもつかの間10人ぐらいほどの嬢達全員がアジア系男性3人組が座る席へと動き出し、彼らの周りを取り囲んでいた。そして全員が腰に手を当て決めポーズをし、「私を選んで!」といわんばかりにアピールしていた。後でこのことをしったのだがこれを「ショーアップ」と呼ぶらしい。3人の男性グループはおどおどしていたがしばらくして各々1人ずつ指名していた。そんな光景を見ながら「面白いな!」と心の中で思ってたつかの間、僕の方にも4人ほどがショーアップにやってきた。目の前で見るとなかなか圧倒される。僕は「選ぶのは1人だけね」と言い、フィリピーナに好みがいなかったので1人の中華系の嬢を選んだ。けっこう巨乳だった笑

席に着き嬢のレディースドリンクをオーダーした。ちなみに入場料は無料なので、ここまで自分と嬢のドリンクのを合わせて800円ほどだ。嬢は、お世辞かわからないが日本語で

「かっこいい!」

と言いいきなり僕の股間をまたぎ上に乗ってきた。「まじかいきなりか!」と内心思っていた。というのもまだ白人男性の方にもやアジア系男性グループの方は嬢と一緒に酒を酌み交わしている段階だったからだ。僕たちだけ完全に浮いていた。僕は獲物が自分のテリトリーに入ると完全自分の「男」の部分が全身から溢れ出るタイプだ。もしかしたら嬢はそれを感じ取ったのかもしれない。嬢は僕の上に乗ってからはすぐさまDキスをしてきて、その後おっぱいも押し付け、手コキもしてきた。そして

「ヤりたい!ホテルいこう!」

と言いだしてきた笑。いやいや何もかも早すぎだろ笑と思いつつそのままの状態でいた。しばらくして嬢が僕から降りたので服の上から手マンしてみた。抵抗なし。大体ここまでで10分間ほど経っていた。

その後もやりとりしたのだが、嬢の方が「ヤりたい!お店出よう!」の一点張りで徐々に萎えてきたので、嬢に断りを入れチップを払って一旦外に出た。ブルゴス通りを歩きつつ

「ゴーゴーバーすごいなあ」

と思っていた笑 その後もプランB、ボトムス、ホットスポットと回ったのだが全部1分ほど店内を見渡して外にでた。特に好みの嬢がいなかったのと、客が白人ばかりでアウェイ感を感じたからだ。ちなみに白人女性も何人かいた。彼女らは何のために来たのだろうと思っていた笑

で結局最初のコジャックスにもう一回戻ってみることにした。そしたら1人超絶スト高がステージで踊っていた。フィリピンにこんな可愛い子いたのか!と内心思っていた。というのもフィリピンでこれまで2日間過ごしてきて、スト低ばかり見てきたからだ。

僕は席に着き再びドリンクをオーダーし、ネットで調べた「嬢にアツイ視線を送ったら嬢が席に来る」という情報を信じ、嬢にしばらくアツイ視線を送っていた。しかしまったく目を合わせてくれない。さすが超絶スト高だ。そう簡単にはいかなかった笑 僕はママに頼み嬢を呼んでもらった。

嬢が席に来た。近くでみるとめちゃめちゃ好みだ。くっきりとした目鼻立に褐色の肌が美しい。もしかしたら今までリアルで会った女性ので一番好みかもしれないと内心思っていた。そして日本人女性にはないフィリピーナ独特トロピカルな香りがして完全に悩殺されそうだった。僕は匂いフェチだ。いい香りの女性には弱い。しかしいくら超絶好みといえど僕は引きはしない。毅然とした態度でいた。嬢とは英語でしばらく和みをしていた。21最初のらしい。どうやらここのバーには2ヶ月ほどしかいる予定はなく、ここで貯めたお金で東京に遊びに行くというのだ。がんばってるなあと内心思いつつ、今回の嬢はいきなり「ヤりたい!」などとと言ってこず安心していた笑 いきなりあれは正直萎える。嬢のドリンクをを頼んだ。ここまで僕と嬢のドリンクを合わせて約1000円ほどだ。しばらく嬢とは会話していたら嬢が

「いつ帰るの?」

と言ってきたので

「明日帰るんだ」

と返した。そしたらおもむろに僕の手を取り取り形のいい胸元に持っていき、なにやら甘えのような寂しいような声を声を出した。最初はアツイ視線を送るも高飛車な性格なのか目も合わせてくれなかった嬢がだが、僕は今この嬢が完全メスモードに入ったのを確信した。どうやら僕の狩りモードはこの嬢にも効いたようだ笑 この瞬間脳内からテストステロンか知らないが快楽物質が吹き出しているのを感じていた。そして嬢は一度席を立ち、店内で流れる音楽に合わせてダンスし始めた。嬢が

「一緒に踊ろう」

と言ってきたので一緒に踊った。お互い密着した状態で嬢は股間を僕の股間に押し付けるようなエロダンスを始めた。ふと周りを見渡してみた。10人ほど男性がおり、そこに嬢がついていたがこんなことをしていたのは僕たちだけだった。僕たちはまたしても浮いていた。自分の狩りモードはなかなかいいのかもしれないと内心思っていたところ、嬢が後ろを向いて今度はその形のいいお尻を僕の股間に押し付けてきた。僕は嬢を後ろから抱きつつその形のいい胸を揉んでみた。嬢がエロい声を出した。この時点で僕はその嬢のエロさといい香りに完全ノックアウトしそうになっていた。やばいと思ったので一回着席。着席したら今度は嬢のが手コキを始めついに、

「私とセックスしたい?」

と言ってきた。さすが超絶スト高だ。「ヤりたい!」などととは言ってこない。僕はこういうプライドがある女性の方が断然好みだ。しかし僕は

「僕はもう帰らなくちゃいけない」

と言って、止める間もないよう、席を立った。嬢はすこし不機嫌な表情だったが仕方がない。僕は金を払ってセックスはしたくない。嬢に手を振り外に出た。ホステルに向かっている途中、僕のぜんしんからはてすとすてろんのようなものが溢れてたまらないように感じた。嬢とは言え超絶好みだったのだ。当たり前だろう。そのオーラを感じたのか途中でマッサージ嬢に手をつかまれ20mほど歩いても離してくれなかった笑

***

今回思った感想を書こう。ゴーゴーバーは今まで経験したことのない非日常感があってそれなりには楽しかった。ただ同時になにもかも簡単すぎてつまらないと思っていた。というのもこういう類のものは基本恋愛工学の ACSモデルのA、Cの部分をほとんどすっ飛ばしていきなりSフェーズに入る。なんというか、ストーリーが全然ない。このA、Cの部分で女性を魅了し喜ばすのが恋愛の醍醐味なのに、それがないというのはなんとも簡単すぎでつまらないゲームだなと思ってしまった。ナンパでこれら全フェーズを1から積み上げていく方がはるかにたのしいだろう。これは自分の人生にも言えることで自分は基本簡単なゲームを好かない。小さい頃からテレビゲームでもいちばんハードモードやっているときが1番ゾクゾクきたものであった。多分これからもより難しいゲームを好んで選んでいくことになるだろう。今回のゴーゴーバー体験ではこの自分の性格を分析できただけでも貴重な機会であった。嬢たちには感謝したい。感想は以上だ。

次は外人ナンパで記事が書けたらと思う。

それでは。

 

 

 

初めまして

こんにちは、GJと申します。
僕は東京都内の大学に通う大学生です。
米国留学中に恋愛工学に出会いのめり込みました。まだまだ初級プレイヤーです。

このブログでは主に恋愛ネタ、英語ネタ、海外ネタを扱っていこうと思っています。

それではよろしくお願いします。